×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


スキャナーとペンタブについて

私がブラシを作るときに、無いと困る電化製品のご紹介です。
参考程度に読んでいただければ幸いです。

スキャナー

まずスキャナー(イメージスキャナ)ですが、解りやすく
説明すると紙などをパソコン内に画像として取り込む機械です。

数年前までは左のスキャナーだけの物が多かったのですが、
最近は右のプリンターと一体型になった複合機と呼ばれる
タイプのものが多いです。他にも色々ありますが、
家庭で使う物となると、複合機で十分かと・・・。
価格はスキャナー、複合機共に1万円前後といった
ところでしょうか。ま、ピンからキリまであると思いますが。
ちなみに、読み取る紙のサイズはA4が読み取れれば
だいたいの人は十分だと思います。大きいサイズの
紙に絵を描いてる人は、それ以上のサイズが必要かも
しれませんが、普通に家で使うならA4で十分だと思います。



主な使い方は、下絵をパソコンに取り込む事ですが、
絵の具を散らした紙をスキャンしてテクスチャを作る事もあります。

ペンタブ

ペンタブ(ペンタブレット)は、マウスの一種で、板状になった
本体の上で専用のペンを使って入力する機器です。
主に絵を描いたりする道具です。マウスよりポインタが
正確に動くのでそれ以外の用途に使う人もいます。

初めて買う人で、ちょっと画像を加工する程度の人の場合は、
Wacom 社のペンタブのBAMBOOシリーズがおすすめです。
ペンタブのみが欲しいって人は「Bamboo Pen」を。値段は
1万円程度で、ネットで買うと定価より安い値段で買えます。

個人的には、PictbearSEより高性能な有料のソフトの
「Photoshop Elements」などが付いているセットの「Bamboo Fun」を
すすめています。ちょっとお金がかかりますが、別々に購入する場合に
比べるとかなりお得なセットだと思います。価格は小さいほうが
1万3000円程度で、大きいほうが2万円程度です。大きさですが、
出せるお金と机の上のスペース次第で選ぶのが良いと思います。

絶対あったほうがいいというわけではありませんが、ブラシを作るのに
便利ですし、写真の加工も綺麗に出来るようになるので、加工を
いっぱいするって人は「Photoshop Elements」が付いているセットを
買ったほうがいいってくらいです。絵を描く人も、絵を加工するのに
「Photoshop Elements」があったほうが便利だと思うのでこちらを
私ならすすめます。昔、いまは「Bamboo Comic」にあたるセットを
買った事があるんだけど、ソフトの内容がいまいちだったので・・・。



私の場合、机ではなく足の上に乗せて使うので、小さいサイズを
愛用しています。性能にこだわらない人ならBambooでOKだと思います。
Intuosという高いけど、描き味が良いシリーズもあるのですが、
ペンタブで線がを描いたりしないので、私はBambooを使ってます。
絵の描きかたは人それぞれなので、気になる人は自分で調べてみてください。




お絵描き掲示板などで「ペンタブが無いから上手く描けない」って
言ってる人に限って紙に描いた絵もあまり上手で無かったりします。
そんなわけで、絵を描くのに便利な道具ではありますが、ペンタブが
あったからと言って絵が上手に描けるわけでは無い事を強調しておきます。


Photoshop Elements


Photoshopがどう良いのかアピールしとかないと
良くないよねってことで追記です。Photoshopを使うと、
簡単にこいういったロゴが作れます。ドロップシャドウ1つ
とっても、プレビューがわかりやすいのでPhotoshopのほうがかけやすいです。
この機能は、ぷっくりしたブラシを作るときに重宝しています。
Photoshopの凄いところはコレ以外にも沢山ありますが、ブラシを
作るときに役に立つ機能のちょっとした紹介でした。