×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■キラキラをアレンジ

有料のソフトIllustratorの講座です。
値段が高いので、使用している人が少ないソフトだと思いますが、
興味を持ってもらえると嬉しいのでご紹介です。

ちなみに、画面はIllustratorCS2(Mac版)です。



■ドロップシャドウ

キラキラにぼかしのついた影をつけてみましょう。



キラキラを選択し、
「効果→スタイライズ→ドロップシャドウ」
描画モードや数値はお好みで調節してください。






■光彩(外側)

キラキラのまわりに、ぼかしのかかった縁取りをつけてみましょう。



キラキラを選択し、「効果→スタイライズ→光彩(外側)」
描画モードと数値は、お好みでどうぞ。





■ぼかしのかかった丸

円ツールで線なしの丸を書きます。
(わかりやすいよう、背景を黒にしています。)



この時altキーを押しつつドラッグし、複製を作っておきましょう。



片方の丸は、「効果→パスの変形→パンク・膨張」でキラキラを作ります。



もう片方の丸は「効果→スタイライズ→ぼかし」
数値はお好みでどうぞ。




これで、ぼかしのかかった丸が出来ました。



表示されていない場合は「ウィンドウ→整列」で整列を表示し、キラキラと円を選択し、
「水平方向中央に整列」「垂直方向中央に分布」で、上下左右を真ん中にそろえます。



右の図のように、太い線状態の丸にぼかしをかけ、
リングを付けるという使い方も出来ます。