×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■ブラシの話

有料のソフトIllustratorとPhotoshopの講座です。
値段が高いので、使用している人が少ないソフトだと思いますが、
興味を持ってもらえると嬉しいのでご紹介です。

ちなみに、画面はIllustratorCS2&PhotoshopCS2(Mac版)です。


■キラキラのかきかた2

まず円を書きます。Shiftキーを押さず、縦長の丸にしましょう。



↓で上下のアンカーポイントをクリックしましょう。




ちょっと太いので細長に調整し、複製を作成します。





片方をShiftキーを押しつつ回転させ、
整列で縦横真ん中になるようにします。
コマンド(ctrl)+Gでグループ化しておきましょう。



同じような方法で画像のような、太めのものと細めのを用意し、
↑のように角度を変更します。



整列させればキラキラの出来上がりです。



ぼかした円を重ねてもいいでしょう。


■Illustratorで作ったブラシをPhotoshopに登録

「ファイル→Web用に保存」で保存形式がPNGの画像を用意しましょう。
大きなサイズや、Photoshop向けの形式で保存したい場合は、
「ファイル→書き出し」で保存しましょう。



それではPhotoshopに移動しましょう。
Photoshopで先程の画像を開いたら、
「編集→ブラシを定義」で名前をつけてブラシを登録しましょう。



ブラシのリストの一番下に登録され、他のブラシと同じように使えるようになりました。



ブラシを使う際、「ウィンドウ→ブラシ」から、いろいろな調整が可能です。
PictbearSE用のものも、PNGで保存してあればPhotoshopに登録する事が出来ます。



間隔を調節する事により、パール風に使用する事も可能です。




「シェイプ」にチェックを入れ、大きさや角度の調節。



「散布」量や広がり具合など。



実際に使うと、このようになります。



「 もっと変化が欲しい場合は、「カラー」色味や明るさなど。



先ほどと違って色が少し違うものも混ざります。



はじめから入っている丸のブラシでよくみかける↑なの加工も出来ます。